カルシウムは人の体で最も多い


人のカラダに存在するミネラルの中で、最も多いのがカルシウムです。


体重60キログラムの人でおよそ900グラムに及び、全体の約15%の重さがあります。


ホームページ1

ホームページ2


さらにカルシウムはその99%がりん酸塩、炭酸塩、フッ化物として歯や骨格に存在し、残りのおよそ、0.9%が筋肉や神経系に、さらにO.1%が血液などの体液に分布しています。


このうち、細胞や血液などの体液には1%程度のカルシウムが存在し、これらはカルシウムイオンとしていろいろな生理作用を行っています。


また、食べ物から摂取守れたカルシウムは腸管から吸収され、それから骨質化によって骨に定着することで、体内のカルシウムバランスが保たれています。


細胞内ではカルシウムイオンは神経伝達、血液凝固、酵素の活性化などに関与し、血清中に含まれるカルシウムイオンのうち約50%はアルブミンやグロブリンなどのタンパク質と結合しています。


カルシウムが不足すると、まず第1に骨軟化症、歯質の低下、骨粗髭症などになります。


次に筋肉や神経の興奮性の抑制力低下、いらだちがみられます。


その他、神経伝達、血液凝固、酵素の活性化に障害が現れます。


ツイッタークエスト カルシウムは人の体で最も多い