痩せて健康になる


見るからに太っている中年女性や、メタボと診断されたオジさんが悩んでいるのは当然として、誰の目にも決して太っては見えないような若い女性でも、「顔や下半身など、気になるところに余分な肉がついて、なかなか落ちない」と不満を口にするのです。


ホームページ1

ホームページ2


健康診断などで「標準体重」と太鼓判を押されたとしても、決して満足できないのが若い女性の心理。


あくまでも理想は標準体重ではなく、まだまだ痩せてもっとキレイになりたいというようです。


流行のファッションを格好よく着こなせるモデルのような体型になることを目指している10代、20代の女性が多いのです。


もちろん、痩せたいと願っているのは若い女性ばかりではない。


30代、40代になると今度は、「痩せてキレイになる」だけではなく「痩せて健康になる」という、さらに切実な願望も加わります。


というのも、年齢を重ねるにつれて「太っている」ことと「体調が悪い」ことは、分かちがたくセットになってくるからです。


これは、頭痛や肩こり、腰痛、冷え症、全身の倦怠感など、いつもどんよりと気分が晴れずうつ症状に悩まされる、などの不調のほか、高血圧や高脂血症、糖尿病、心臓病、がんなどの病気のリスクも肥満によって高まるのです。


とは言え、体重が減って、太っていない状態になりさえすればいいというわけではないのです。


痩せて「健康になる」ことが何よりも肝心なのです。


谷将貴のゴルフ非常事態宣言 痩せて健康になる