「椎間板ヘルニア」を患った方は、ある一定の確率(5〜10%くらい)で再発はあるといわれます。

同じ椎間板ヘルニアでも、以前、首(頚椎)を患って、今度は腰椎の椎間板ヘルニアを起こした、ということもあるといわれます。

やはり、これは純粋な再発ではなく、椎間板の変性の病気って、誰にでも起きることであるとはいえ、「起きやすい人」がいることも確かのようです。

つまり、「体質」があるのではないでしょうか?。

同じように、「変形性頚椎症」で脊髄の圧迫がある方が、同時に、あるいは、あとで、「腰部脊柱管狭窄症」も患ってしまう、ということもあります。

これもやはり、「体質」 なのでしょう。

全員ではもちろんありませんが、遺伝というか、親兄弟で背骨の病気の手術の経験がある方が、やはり背骨の病気になることが多いようです。

つまり、メンデルの法則のえんどう豆ほど確実に遺伝などが伝わるわけではないでしょうが、やはり、体質という問題はどんな病気にもあるのではないでしょうか?

これは骨格、筋肉、顔つき等が親に似るように、一般的な肩こり・首痛・腰痛に関してもある程度当てはまるかもしれません。


慢性的な腰痛を自分で改善する「軽部式・慢性腰痛改善の3システム

整体やカイロプラクティックなどの治療院に行くことなく、自宅で骨盤の矯正を行ない、さらに再びずれることのない強い骨盤をつくって腰痛を改善する画期的なシステムです。

この方法は、全国の治療院でもおこなわれていません。

また、書店などでも販売されていません。

自宅で骨盤を矯正して腰痛を改善する、腰痛改善法「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.yqlj.org/seokeni/tb.cgi/8

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー