体型がいろいろな病気に影響を与えることは当然ながら想像されますが、肩の凝りやすい体型というのも確かにあるようです。

一般的に、肩こりになりやすい体型とは、首が細く、なで肩ぎみの、きゃしゃな体つきの方といわれます。

5Kgくらいある頭を細い首で支えるわけですから、首や肩がきゃしゃだと
余計に負担がかかってしまい、凝りやすくなるのも、不思議ではないでしょう。

でも、よくストレッチして、筋肉をリラックスさせればよいわけで、なで肩を悲観する必要はまったくないようですが・・・。

整骨院などでも有名な話のようですが、「なぜか肩は、肩こりを起こしやすい」というのは割とよく言われていることで、千差万別です。

外国などでもデータがあるのですが、特に男性では、統計学的に明らかに、
高い身長と重い体重が「腰椎椎間板ヘルニア」の発生の危険因子になっているようです。

実際にこういった体型の方に、重症の椎間板ヘルニアが多いという報告もあるようです。

やはり、肥満は万病の元…というか、肥満そのものが病気かもしれませんね。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.yqlj.org/seokeni/tb.cgi/7

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー