ゴルフスイング中の上下動を抑える方法


額の位置に注意することで正確なスイングができるようになるものです。


ボールとの距離を変えないようにする場合は、どこに集中してスイングするかがつかみにくいかもしれません。


ホームページ1

ホームページ2


額の位置を変えないように意識すると、額に集中できるのでスイングがスムーズになります。


具体的には、額に意識を集中、アドレス・トップ・インパクトまで、インパクトまでボールから目を離さないようにポールをヒットする。


この時、フィニッシュ近くまでボールを見続けると、スイングが詰まり、窮屈になるので注意しましょう。


アイアンショットで強い弾道のボールを得るには、なるべくクリーンにボールをとらえなければなりません


そのひとつの方法が、ボールを横から払うイメージで打つというものです。この打ち方は、スイング中の上下動を防ぐ上でも効果的です。


ティアップしてティを飛ばさないように打つ、こう心がけることで払うように打つことができる。


練習で取り入れてもいいでしょう。


自然にカラダの上下動を抑えることができます。払い打つことでターフが薄く、長くとれるようになりますが、ボールの先のターフが取れているようならOK。


強い弾道のボールが出ているはずです


手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 ゴルフスイング中の上下動を抑える方法