人の体重の60%は水


人の体重のうち水分は、成人男性でおよそ60%、また成人女性では50%程度といわれています。


人間だけでなく、動物や植物その他の生物は、必ずその体内に水分を含んでいます。


ホームページ1

ホームページ2


この水分量は男性が10%ほど女性を上回っていますが、反対に脂肪分は男性が15%、女性が28%で女性の方が10%程度上回っています。


このため、水分と脂肪をそれぞれ加えれば、両者の差はほとんどありません。


またタンパク質は男性のほうがやや上回っているものの、炭水化物やミネラルの割合はほぼ同じです。


なお、この水分量は年齢とともに低下し、新生児ではおよそ76%、4〜5歳の幼児では70%程度、また70歳以上の老人男性では52%くらいまで低下してしまいます。


また同じ成人でも、肥満体の男性は脂肪の量が多いので全体重に占める水分の割合が低下し、55%程度になります。


これに対してやせ型の男性では脂肪分が少ないので、水分の割合が62.66%程度に増えてしまいます。


一般に若い女性の手は握って柔らかく、すべすべしていますが、この感触は表皮近くの水分と、脂肪が直接関係しています。


また、新生児の手足をさわるとブヨブヨして、とても感触が良いのは76%程度に近い水分量のためです。


iPhoneアプリ収益化プログラム 人の体重の60%は水