外国為替市場の1日


外国為替市場は、土・日曜日を除いて、24時間眠らない市場です。日本の朝5時ごろからニュージーランドのウェリントン市場、続いてシドニー市場がオープンします。


時差の関係から、日本の朝の7時がニューヨーク市場の前日の終了時聞となるので、ディーラーは値段そのものはもちろんですが、相場の終わり方の値段の動きを確認します。

ホームページ1

ホームページ2


東京市場が活況となるのか午前9時、続いて香港、シンガポールといったアジアの各市場がオープンして参加者が増えていきます。


午後になるとオセアニア市場と入れ換わりに今度はユーロツlt勢が参戦してきます。夕方の4時、5時は「ロンドンタイム」といって完全に取引の主体が欧州へと移り、夜の9時前後からニューヨーク市場が開いての「ニューヨークタイム」が始まり、そして翌朝の7時まで続くというわけです。


経済指標や要人の発言、突発的なニュースや事故、事件、あらゆる要素で相場は動きますから、ディーラーは寝たり起きたりしながら一晩中レートをチェックし、いつでも取引ができるようにしています。


為替市場はFX、あるいはフォレックスなどとも呼ばれ、日々1兆ドル以上の取引がされる世界最大の金融市場です。


株式市場などと違い為替市場は取引所が存在するわけではなく、インターネットや電話での取引が主流となります。


外国為替市場では土、日曜日以外はどこかの国で為替市場が開いているので、24時間いつでも通貨同士を交換することができるのです。


究極のゴルフ上達法 外国為替市場の1日